口臭・体臭

加齢臭の原因とは!?加齢臭を防ぐには??

更新日:

満員電車や人込みなどで自分の匂いを気にしたことがあるのではないでしょうか。若い女性と話している時に相手の反応が気になることありますよね。

体臭や口臭に対してケアをしていないとハラスメントと言われます。
今話題のスメルハラスメントというやつです。

しかし、体臭が気になるからといって、柔軟剤などの匂いが強すぎるのもダメなのです。これも、同様にスメルハラスメントと言われてしまいます。
そこで、今回は加齢臭の原因を探って、対策を考えていきたいと思います。

加齢臭の原因はなんなのでしょうか?

加齢臭とは皮脂の酸化によっておこるものです。
皮膚には皮脂腺というものがあり、皮脂腺から皮脂が分泌されます。年齢を重ねると皮脂の中に脂肪酸であるパルミトレイン酸が増加していきます。

このパルミトレイン酸が分泌されると空気に触れて、酸化することになります。そうすると2-ノネナールという物質に変化し、加齢臭の原因となるのです。

この加齢臭の原因物質は、40代頃から発生し始めます。そして、本格的に加齢臭が発生するのが50代頃と言われています。人間は匂いに慣れて感じなくなるため、加齢臭がひどくなる前から対策をする方がよいでしょう。

加齢臭の発生しやすい場所としては、上半身です。
特に、背中や胸などの体幹部分が加齢臭の発生原因となっています。

加齢臭の対策

加齢臭の原因は皮脂の酸化によるものです。そこで、皮脂をしっかりと落とすことが重要になってきます。
お風呂に入る際には、体幹部分をしっかりと洗うようにしましょう。
特に、背中は洗いにくいため、洗い残しがないように特に念入りに洗いましょう。ボディソープなども、消臭効果のあるソープに変えるとさらによいです。

日中は、皮脂や汗をこまめにふき取るようにしましょう。特に、夏場などは皮脂がでやすい時期なので、対策をしっかりとしましょう。

衣服の対策も忘れないようにしましょう。匂いの原因は衣服にも残ってしまいます。そのため、衣服もしっかりとクリーニングをするようにしましょう。クリーニングが難しい場合は消臭スプレーをかけるなどの対策もいいでしょう。

まとめ
加齢臭は、皮脂の酸化によって発生します。匂いの原因である皮脂は胸や背中などの体幹部分から発生することが多いです。加齢臭は40代頃から発生し始まり、50代頃に本格化していきます。
対策としては、お風呂で皮脂をしっかりと洗い流すことで、特に背中をきちんと洗いましょう。ボディソープは消臭効果のあるものを選びましょう。
日中は皮脂や汗をこまめにふきとりましょう。衣服のクリーニングはこまめにしましょう。

-口臭・体臭
-,

Copyright© ゼンフルネス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.