投稿

会社で苦手な同僚とうまくやる方法

投稿日:

会社で働いていると、どうしても自分とは合わない人と仕事をする必要が出てくることがあります。
特に先輩や後輩よりも、近い距離で接する必要があるのが自分と年の近い同僚です。苦手なタイプの相手の場合、一緒にいるだけでストレスを感じてしまい、業務に影響が出てしまうということもあります。
なんとか、そのような相手とうまくやる方法はあるのでしょうか。

まず一つ目は、その人のどんなところが苦手なのか自分で分析してみることです。
相手に対して苦手な意識を持っている場合、その人自体を嫌だと思ってしまいがちですが、多くはその相手の行動や言動に苦手な部分があることが多いです。
ですので、その人が苦手なのではなくその「行動や言動」が苦手なだけだと考えるようにしましょう。
そうすると、相手にその「行動や言動」を起こさせないための対処方法が見えてくることがあります。

次に、関わりにくいと感じるタイプの相手の場合は、勇気がいりますが自分から距離を縮めて、相手から好かれるようにしてみましょう。
相手のことを直接褒めてみたり、誰かが褒めていたという情報を間接的に言ったりすると、相手が自分に好意を持ってくれて、対応が変わる場合があります。
苦手だと思っていた人も、自分に好意的になったことで、意外に仲良くなるという可能性もあります。

逆に、自分への距離感が近くて苦手だという相手に対しては、仕事以外ではできるだけ関わらないようにしてみましょう。
仕事をしているときは、こちらも常に好意的に対応するようにし、オフの際には一切の誘いなどを受け入れないようにします。

一度誘いにのってしまうと、何回も誘われてしまうことになるので、一回も行かないようにするというのが大事です。

付き合いが悪いキャラを演出しても良いでしょう。その分仕事のときには、明るい対応を続けていれば、変に悪口を言われたりすることもありません。メリハリをつけることで、少しでもストレスを感じる時間を減らせるようにしましょう。

-投稿
-, , , , ,

Copyright© ゼンフルネス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.