口臭・体臭

ストレスの溜めすぎは臭いを生む。悪循環を生むストレス臭とは

更新日:

日々の仕事お疲れ様です。仕事ってストレスかかりますよね。お客さんには気を使うし、口うるさい上司からは小言を言われたりとストレスだらけです。仕事中は集中しているので、頑張れても家に帰るとぐったりしてしまうことも多いのではないでしょうか。

家と会社の往復でストレスはたまる一方です。そんなストレスに悩まされている方、要注意です。実は、ストレスを溜めているとストレス臭という臭いがでることがあるようです。しかも、ストレス臭を嗅いでいると、「疲労」や「混乱」を感じてしまうようです。

今回は「疲労」や「混乱」を感じてしまうストレス臭についてお伝えしたいと思います。ストレス臭の対策も含めてお伝えします。

ストレス臭の原因とは
ストレス臭とは名前の通り、ストレスを感じると出てくる臭いです。人は皮膚から様々な気体を排出しています。臭いとは全く関係ないものから、臭いの原因物質まで様々です。

ストレスを感じると人間の皮膚からは「STチオジメタン」という物質が放出されます。これがストレス臭の原因物質です。

ストレス臭はどんな臭い
いったいどんな臭いなのか気になるところですよね。研究者の感覚としては、ラーメンの上のネギに近いような臭いだそうです。
身体から、ネギの臭いが出てくるのは、なかなか嫌ですよね。

ストレス臭が出やすい年齢や性別などは
ストレス臭は嫌な臭いだけど、自分には関係ないと思っていませんか。実は、この臭いは若いから関係ないというものではありません。年齢に関係なく臭いがでるので、若いからと思って安心できません。
さらには、性別も関係ありません。老若男女関係なくストレス臭を出す可能性があるのです。かなり、怖いですよね。

ただ、ストレス臭の本当の怖さは心への影響です。冒頭部分にも少し書きましたが、ストレス臭を嗅ぐと「疲労」や「混乱」を感じてしまうのです。日頃感じている、あなたの疲労感や心の乱れは、自らのストレス臭による可能性もあるのです。

ストレス臭の軽減方法
こんなに、怖いストレス臭を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。それは、ストレスを減らすことが一番です。

できる限りストレスを避けましょう。全部のストレスを避けるのは難しいと思いますが、疲れてきたら無理せず帰るなど、可能な範囲でストレスを減らしましょう。

趣味などがあれば、思い切って時間を作ってみてもよいよいでしょう。
時間をとる余裕がない場合は、手をマッサージするだけでも違います。また、深呼吸もよいでしょう。吐く息を長くすることにより、副交感神経が高まりリラックスしやすくなります。瞑想もオススメです。5分程度の短い時間でもストレス解消に役立ちますので、時間がなくても大丈夫です。

まとめ
ストレスをため込むとストレス臭を発する可能性があります。若いから安心ではなく、老若男女問わず、誰にでもストレス臭を出す危険があるのです。
ストレス臭を嗅ぐと「疲労」や「混乱」などを感じます。ストレス臭を防ぐため、なるべくストレスを避けるように行動しましょう。

-口臭・体臭
-, ,

Copyright© ゼンフルネス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.